大和市の歯医者なら大和パーク歯科クリニック│鶴間駅「イオンモール大和」2F

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

         
  • ※急患随時受付します。事前にお電話ください。

    046-200-0418

  • お問い合わせ

  • WEB予約

矯正歯科

Orthodontics

矯正歯科について

歯並びが不揃いだったり、噛み合わせが悪かったりすると様々な悪影響を及ぼします。
患者さんが一番にイメージするのは見た目の問題かもしれません。
確かに矯正治療を行って、歯並びを整えればフェイスラインがスッキリし、
笑顔も魅力的になります。ただ矯正治療の目的はそれだけではありません。正しく嚙み合わせを整えれば噛む力が分散し、
一つの歯にのみダメージが蓄積せず、歯を守ることに繋がります。また歯がスッキリと揃うと、
ブラッシングがしやすくなり確実に虫歯・歯周病予防に結びつくのです。
当クリニックではお口の健康を考えた矯正治療を提供いたします。
お子さんからシニアの方まで、どなたでもお困りのことがあればご相談ください。

このような歯並びでお悩みではないですか?

上顎前突 出っ歯

上顎前突

上の前歯が下の歯よりも前に出ている状態です。いわゆる「出っ歯」と呼ばれています。歯だけが突出しているのか、骨格も含めての問題なのかによって治療法が変わってきます。

下顎前突 しゃくれ 反対咬合 受け口

下顎前突

下顎の歯が上顎の歯よりも前に突き出ている状態です。「受け口」「しゃくれ」「反対咬合」など様々な呼び方があります。

開咬 オープンバイト

開咬

オープンバイトとも呼ばれている状態です。奥歯はしっかり噛み合っているものの、前歯が噛み合っていません。そのため常に上下の前歯が開いています。

叢生

叢生

歯があちこちに生え揃っている状態です。見た目にも問題がありますが、ブラッシングの難易度が高いため、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

交叉咬合 クロスバイト 臼歯部交叉咬合 前歯部交叉咬合

交叉咬合

噛み合せた時に上下の歯のどこかが交叉してしまっている状態です。クロスバイトとも呼ばれています。主に「臼歯部交叉咬合」と「前歯部交叉咬合」に分かれます。

空隙歯列 すきっ歯

空隙歯列

「すきっ歯」とも呼ばれ、歯と歯の間に隙間が生じている状態です。乳歯の際によく見られるので、あまり神経質になる必要はありません。しかし、永久歯が生え揃ってきても、空隙歯列の状態が続く場合は一度ご相談ください。

小児矯正について

成長期に合わせた小児矯正治療

成長期に合わせた小児矯正治療

当クリニックでは、顎の健全な発育を促す「Ⅰ期治療」と永久歯が生え揃ってから行う「Ⅱ期治療」に取り組んでいます。歯列不正の問題が大きい場合でも、小さな頃から顎や骨が正しく発育するようコントロールし、その後に本格的な矯正治療を行えば、歯並びが綺麗になる可能性が高まります。矯正は発音や発声が改善したり、フェイスラインが整ったりとお子さんにとって様々なメリットがあります。何よりも歯の位置や向きが正しく揃えば、毎日のブラッシングがより効果的になるので、虫歯や歯周病予防をサポートしてくれるのです。

小児矯正の治療法

Ⅰ期矯正

Ⅰ期矯正 矯正治療

乳歯が残っている時期、もしくは永久歯と乳歯が混在している時期に行う矯正治療です。顎の健全な発育を促し、頬杖や口呼吸といった悪癖を改善するなどを治療のメインとしています。Ⅰ期治療によって永久歯がきちんと生え揃うスペースを確保できれば、Ⅱ期治療の期間が短くなったり、抜歯をせずに治療を終えられたりする可能性が高まります。治療の痛みや費用などの負担も最小限です。

主な治療内容
  • 顎(あご)の成長促進・抑制
  • 歯列弓の拡大
  • 悪い悪習の改善
治療期間 / 治療回数 2年~3年 / 12回~36回
リスク・副作用 歯や骨の状態、歯の動きを妨げる癖があった場合、治療計画よりも治療期間が長くなる場合があります。

Ⅱ期矯正

Ⅱ期矯正

いわゆる成人矯正と呼ばれ、永久歯が生え揃ってから行います。具体的には、小学校高学年から中学生、年齢で言えば12~14歳です。この時期までに1期治療を終わらせておくと、永久歯が比較的正しい位置に並ぶため治療の選択肢が広がります。患者さんのご要望やお口の状況によって、固定式のワイヤー矯正、もしくは取り外し式のマウスピースのどちらで治療を進めるのか決めていきます。

主な治療内容
  • ブラケットを使用しての歯の移動
  • マウスピースを使用しての歯の移動
治療期間 / 治療回数 2年~3年 / 12回~36回
リスク・副作用 歯や骨の状態、歯の動きを妨げる癖があった場合、治療計画よりも治療期間が長くなる場合があります。

一般矯正(成人矯正)について

成人矯正

成人矯正

顎の成長が止まった後に行う矯正治療です。小児矯正に比べると歯を動かすのに時間がかかる傾向があります。ただ成長が止まっている分、治療のゴールを見定めやすく、計画通りに矯正を進みやすいのがメリットです。また大人になってから矯正を始める方は、治療に対するモチベーションが高く、結果が良好になりやすい傾向にあります。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

一般的にイメージされる矯正治療です。歯の表面にブラケットを貼り付け、なかにワイヤーを通して目的の位置に歯を動かしていく方法です。見た目に難はありますが、症例数が豊富で複雑な歯の動かし方に対応できるなどのメリットがあります。

裏側(リンガル)矯正

裏側(リンガル)矯正

歯の裏側につけるのが裏側矯正です。別名「舌側矯正」「リンガルブラケット矯正」とも呼ばれていて、外から見ても目立ちません。そのため営業や接客業の方、目立つ矯正が苦手な方に好評をいただいております。

ハーフリンガル矯正

ハーフリンガル矯正

人前で目立ちやすい上の歯は「リンガル矯正」(裏側矯正)、目立ちにくい下の歯は通常のワイヤー矯正(表側矯正)と、装置を使い分けて治療を進める方法です。ハーフリンガル矯正が可能な症例ならば、通常の矯正より費用をリーズナブルに抑えられる傾向があります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

最初に型取りを行い、一人ひとりのお口の状態に合わせてマウスピースを作成します。最終的なゴールを決めておき、少しずつマウスピースを交換することで、理想の歯並びを目指す矯正治療です。取り外しができるため審美面・清掃面に優れています。

部分矯正

「前歯を少しだけ動かしたい」「隙間を解消したい」など一部分だけ歯を動かす矯正治療。それが部分矯正です。適用できる症例は限られますが、通常の矯正に比べて費用や負担が抑えられる傾向にあります。 状況によってマウスピースとブラケットを使い分けていきます。

矯正歯科のメリット・デメリット

メリット

見た目が揃っていて美しく、笑顔に自信が持てるようになります。また、正しい歯磨きがしやすくなることで虫歯・歯周病リスクを軽減することができます。

デメリット

自費治療のため保険診療に比べて費用がかかります。矯正器具によっては違和感を感じることがあり、食事や歯磨き、会話などがしづらいと感じることがあります。

矯正歯科の料金

小児矯正

※費用は税込になります。

小児矯正Ⅰ期 ¥330,000
小児矯正Ⅱ期 ¥440,000~¥550,000

一般矯正

※費用は税込になります。

ワイヤー矯正 ¥825,000~¥990,000
裏側(リンガル)矯正 ¥1,100,000~¥1,320,000
ハーフリンガル矯正 ¥1,100,000
マウスピース矯正 ¥1,650,000
部分矯正 ¥110,000~¥220,000

ページトップへ戻る