大和市の歯医者なら大和パーク歯科クリニック│鶴間駅「イオンモール大和」2F

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

         
  • ※急患随時受付します。事前にお電話ください。

    046-200-0418

  • お問い合わせ

  • WEB予約

歯を失った方へ

Missing Teeth

歯を失ってそのままにしていませんか?

虫歯や歯周病もしくは事故などで歯を失った際、歯の機能を回復させる方法として、
入れ歯・ブリッジ・インプラントがあります。費用面や治療の負担などそれぞれメリット・デメリットがあり、
当クリニックでは患者さん一人ひとりの状況に合わせて、適切な方法を提案いたします。
どの治療法にすべきか悩んで、そのままにしておくことは絶対に止めましょう。
他の歯が移動してきたり、咀嚼能力が低下したりと様々な悪影響が出てきます。

入れ歯

患者さんのご希望を聞いて、入れ歯を提案します

患者さんに寄り添う

保険診療の入れ歯から、美しさや装着感にこだわった自費の入れ歯まで患者さんの様々なご要望にお応えいたします。
例えば、金属のバネが気になる方には、茶筒の蓋のように入れ歯を装着する「コーヌスクローネ冠」を。食事を楽しみたいといった方には、熱が伝わりやすい「金属床」。ほかにボイルすることで歪みを抑える入れ歯もご用意しています。
患者さんが気になる点を追求しつつ、お口の状態に合わせた入れ歯をご提供できるよう努めていますので、まずは「どのような入れ歯が良いのか」「予算はこれぐらいが良い」など何でもご相談ください。

こんなお悩みありませんか?

  • 入れ歯なかなか合わなくて痛い
  • 簡単にはずれるから口を開けてしゃべりづらい
  • 固いものが噛めない
  • すぐ外れてしまう
  • 顔の表情がゆがんだ気がする
  • 金具が見えて嫌だ
  • 入れると吐きそうになる
  • 違和感がある
  • 入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が挟まる

当クリニックでご紹介している入れ歯

総入れ歯

レジン床

一般的な保険診療の入れ歯です。レジンと呼ばれるプラスチックでできています。厚みがあるのが特徴で「食べ物の温度が伝わりにくい」「最初装着した時に違和感を覚えることがある」などのデメリットがあります。ただ、壊れた場合は基本的にどこの歯科医院でもすぐに対応ができて、お値段もリーズナブルなのがメリットです。

金属床

義歯床が金属で出来ている入れ歯です。固く丈夫なので、レジン床義歯に比べて、薄く製作できるのが特徴です。また熱が伝わりやすい性質を持っているため、食事をする楽しみが増します。自費となりますが、お口のフィット感や長期間使えることから人気の入れ歯です。

部分入れ歯
金属バネ

通常保険適用の入れ歯は、残っている歯に金属バネをかけることで外れないようにしています。そのため、1本しか歯が残っていない場合でも適用可能です。取り外しが可能なので衛生面にも優れています。保険が使えることからリーズナブルに製作可能です。

ノンクラスプ

入れ歯を固定する金属製の金具(バネ)がありません。そのため、外から見ても目立たず、審美性に優れています。金属製の金具がないので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心・安全な入れ歯です。

残っている歯を活かした入れ歯

コーヌスクローネ義歯

残っている歯を支えにして、上から入れ歯を固定化させるコーヌスクローネ。金属バネを使用しないので自然な装着感が魅力です。また外から見てもほとんど目立ちません。インプラント治療のように外科手術が必要ないため、自費診療となりますが、多くの方に愛用されています。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

幅広い症例に対応します。自費の義歯は保険の義歯に比べて薄く、熱伝導率が高いものが多いため、食事や会話での違和感が比較的少なく済みます。自然な見た目も特徴です。

デメリット

使用頻度、噛み合わせによって破損・変色・摩耗する場合があります。残っている歯にむし歯がある場合は、事前の治療を必要とします。自費診療の義歯は費用が高額になります。

入れ歯の料金

※費用は税込になります。

総入れ歯 ¥368,500~¥1,138,500
コーヌスデンチャー ¥588,500~¥1,688,500
ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯) ¥94,215~¥132,000

インプラント

しっかり噛めるインプラント治療

インプラントの歯 噛める 食事を楽しむ

歯を失った箇所を補う方法として、当クリニックではインプラント治療に取り組んでいます。顎の骨に人工の歯根を埋め込んで歯を作るもので、入れ歯に比べてしっかり噛めるようになるのが魅力です。1本から数本の歯を失った場合のほか、インプラントを使って総入れ歯を安定させる方法もあります。

3Dインプラントで行う治療計画のシミュレーション

3Dインプラント 治療計画 最新診療器具

インプラントを装着する場合は、顎全体と骨の形状を正しく把握して、術後の状態を想定した入念なプランニングが必要になります。
当クリニックでは、日本では限られたごく一部の医院しか導入していない「3Dインプラント」を導入しております。3Dインプラントを使用すると治療後のシミュレーションが可能なため、期待された成果をあらかじめ確認することができます。

インプラント治療の流れ

  • 検査

    インプラント治療 検査 問診 レントゲン撮影

    問診やレントゲン撮影で、お口の中の状態を確認します。CTを使用して欠損部の骨量・質の検査を行います。

  • インプラント体の埋入

    インプラント体の埋入

    検査結果をもとに立てた治療計画に沿って、局部麻酔のもと、インプラントを埋入する手術を行います。

  • 上部構造の取り付け

    インプラントと骨結合 上部構造の取り付け

    インプラントと骨が結合したら、人工歯とインプラントをつなぐ土台(アバットメント)を装着します。

  • 人工歯の取り付け

    人工歯の取り付け

    アバットメント(土台)の上に人工歯を取り付けます。術後は、自分の歯のようにメインテナンスを行うことが大切です。

入れ歯とインプラントの性能「インプラントオーバーデンチャー」

入れ歯とインプラントの性能「インプラントオーバーデンチャー」

インプラントオーバーデンチャーはインプラントと入れ歯のメリットを兼ね備えた治療法です。まずインプラントを埋入し、そこを支点にボールアタッチメントを取り付けて、入れ歯を固定化していきます。通常の入れ歯よりもがっちりと固定し、横滑り・回転を防ぎます。また、ご自身で取り外しが可能なので、メインテナンスをしやすいのも嬉しいポイントです。

インプラントはアフターケアが大切です

インプラント アフターケア

インプラント治療が終わっても、末長く使い続けるためにはお手入れを継続する必要がありますので定期的にご来院ください。インプラントの状態や噛み合わせに不具合がないかチェックし、お口のクリーニングを行います。ご自宅での歯磨きも欠かさないようにお願いします。

インプラントのメリット・デメリット

メリット

顎の骨に埋め込むため、かみ合わせが安定して噛む力もあまり劣らずにすみます。周囲の健康な歯を傷めることなく、1本から治療が可能です。

デメリット

自費治療となるため、費用が高額になります。外科手術が必要で術後に痛みや腫れ、出血を伴う可能性があります。手術後に定期的なメインテナンスが必要です。

インプラントの料金

インプラント(1歯) ¥352,000~¥495,000
上顎洞挙上述/ソケットサイナス ¥55,000~¥110,000
デンチャー用インプラント ¥110,000

ページトップへ戻る