大和市の歯医者なら大和パーク歯科クリニック│鶴間駅「イオンモール大和」2F

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

         
  • ※急患随時受付します。事前にお電話ください。

    046-200-0418

  • お問い合わせ

  • WEB予約

小児歯科

Child

お子様の丈夫な永久歯のために

乳歯の段階で虫歯があると、永久歯になってからも悪影響を及ぼすことはあまり知られていないようです。
具体的には「永久歯が虫歯になりやすい」「虫歯で歯が抜けた場合に歯並びが悪くなる」「歯が変色する可能性がある」などです。
しかも、お子さんの歯は成人に比べると歯質が弱いので、虫歯になりやすい特徴を持っています。
「乳歯は永久歯に自然と生え替わるから多少虫歯になっても問題ない」と考えるのは危険です。
将来のお子さんの健康のためにも、定期健診とご自宅でのセルフケアを徹底しましょう。

生えたての歯はとてもデリケート

歯科医院を好きになるような工夫

生えたての歯はデリケート お子様の歯

定期的に歯科医院で健診や予防のメインテナンスを受けているお子さんは、虫歯が少なく、トータルで考えると医療費がかからないと言われています。そのようなお子さんを増やすためには、まず歯医者嫌いを防がなければいけません。
当クリニックでは「歯科医院を好きになってもらいたい」「自分の歯を大切にしていってほしい」といったポジティブな気持ちで日々の診療を行っています。だからこそ無理に治療をすることはしません。痛みで眠れなかったり、食事ができなかったりするなどの急性症状でない限りは、お話をしたり、軽くお口を掃除したりして、少しずつ治療のレベルを上げていきます。

年齢に応じたケア

生後6か月

ちょうど乳歯が生え始める時期です。授乳してすぐに寝かせるのではなく、ガーゼなどを用いて、優しくお口の中を綺麗にしましょう。大変かもしれませんが頑張りましょう。

1~3歳

前歯と奥歯が生えてくるのが、おおよそ1歳半の時です。多くのお子さんが初めて歯科医院に来院するタイミングです。親御さんの歯のチェックも兼ねて、お気軽に相談にいらっしゃってください。

3歳

乳歯が生え揃う時期です。虫歯予防の観点で言うと、この時期までに虫歯のない環境を作り上げることが重要になってきます。「ジュースやお菓子をあげすぎない」「仕上げ磨きを丁寧に行う」「定期健診を受ける」などお口に良い習慣を徹底しましょう。

6歳

最初の永久歯である「6歳臼歯」が生えてくる時期です。生え始めたばかりの6歳臼歯は虫歯リスクが高いので、フッ素塗布・定期的なメインテナンス・セルフケアを徹底し、虫歯を予防していきましょう。

お子さまの歯を守るための取組み

歯磨き指導

歯磨き指導

ベテランの歯科衛生士が楽しく、真剣に歯磨き指導をいたします。毎日のブラッシングが上手になればなるほど、虫歯予防に繋がります。また効果的な仕上げ磨きもアドバイス。小学校低学年までは仕上げ磨きが必須です。是非正しいブラッシングを学びましょう。

シーラント

シーラント

奥歯の噛み合わせ部分にある溝は、磨き残しが多くなる部分です。特に乳歯や生え始めたばかりの臼歯は歯質が弱く、虫歯リスクが高い傾向にあります。そこで「シーラント」の出番です。あらかじめ溝をプラスチックの素材で埋めておくと効果的な虫歯予防に繋がります。

フッ素塗布 虫歯予防

フッ素塗布

フッ素は歯質の強化、さらに再石灰化を促進するなど健康な歯を作るうえで欠かせません。歯科医院で利用するフッ素は、市販の歯磨き粉に含まれているものよりも成分が濃いのが特徴です。しっかり管理を行って塗布するので危険性はありません。

ページトップへ戻る